トップページ > 事業所概要

用語解説

よく使われる用語

WWW
World Wide Webの略。インターネットの代表的な情報提供の仕組みです。「ワールド・ワイド・ウェブ」(世界的なクモの巣の意)、または単に「ウェブ」ともいう。CERN(ヨーロッパ共同原子核研究機構)の研究者によって1989年に開発されました。
WEB
WWW(World Wide Web:ワールド ワイド ウェブ)を単に「Web」(ウエブ)と呼ぶことが多く、インターネット上で複数の文書や画像を相互に関連付け、結び付けて表現する仕組みです。
ホームページ・WEBサイト
インターネット上にひとまとまりに公開されているWebページの群を「Webサイト」と言います。その「Webサイト」の入り口のトップページを「ホームページ」と言います。現在は、「Webサイト」のことを「ホームページ」と呼ぶのが一般的になっており、当方でも「ホームページ」という言葉を使っていますが、本来は「Webサイト」と言うのが正式です。

サーバ
コンピュータネットワークにおいて、利用者のコンピュータに対し、自身の持っている機能やデータを提供するコンピュータのことです。ホームページを公開するサーバを「WWWサーバ」と言い、HTMLで記述した文書や画像などを蓄積しておき、利用者の要求に応じて、ネットワークを通じてこれらの情報を送信する役割を果たします。
ドメイン
インターネット上に存在するコンピュータやネットワークにつけられる識別子で、インターネット上の住所にあたります。本来、インターネット上の住所を表すものとして「IPアドレス」がありますが、数字の羅列であるためわかりにくいため、わかりやすい名前をつけて運用しています。それが「ドメイン名」で、アルファベットと数字(と一部の記号)を使います。ドメイン名と本来の住所である「IPアドレス」を対応させるため「DNS(ドメインネームサーバ)」を使って、全世界が連携して運用しています。ドメイン名には、自分で決められ名前の末尾に国や種別を表す co.jp ne,jp or.jp .com .jp .net などをつけます。これらは、ドメインを管理している組織に申請して取得することができます。

HTML
「HyperText Markup Language(ハイパー・テキスト・マークアップ・ラングエッジ)」の略で、Webページを記述するための言語です。文書の論理構造や見栄えなどを記述するために使用し、文書の中に画像や音声、動画、他の文書へのリンクなどを埋め込むことができます。インターネット上で通常見ているWebページのHTMLの記述を見るには、メニューバー「表示」→「ページのソース」をクリックすると表示します。
CSS
「Cascading Style Sheets(カスケイディング・スタイル・シート)」の略で、Webページのレイアウトを定義する規格です。これまで、HTMLにはレイアウトや装飾に関する記述が大量に組み込まれており複雑なものでしたが、これは、文書の論理構造を記述するという本来のHTMLの目的に反するため、文書の視覚的構造を規定する枠組みとしてCSSが新たに策定されました。CSSを使うと、フォントや文字の大きさ、文字飾り、行間などの見栄えに関する情報を文書本体(及び文書の論理構造を記述したHTML)から切り離すことができます。それによって、コンテンツのファイルとレイアウトや装飾のファイルを別々に管理することができます。
プログラミング
コンピュータのプログラムを作成すること。すなわち、プログラムを設計し、それをプログラム言語によって記述し、テストを行い、誤りの検出と訂正を行うことを言います。

SEO
「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジンの検索結果の上位に表示されるように工夫することです。また、そのための技術を言います。検索エンジンの上位に表示されることで、自社の商品の注文に結びつく可能性が高くなるため、これらを研究し、Webサイトの設計を専門的に行なっている事業者があります。
リスティング広告
検索エンジンの検索結果ページに有料でテキスト広告を表示するサービスです。リスティング事業者に料金を払ってキーワードを登録すると、大手ポータルサイトなどからそのキーワードで検索したときに、検索結果の上位ページに「スポンサーサイト」などと題して自社サイトの広告が表示されます。的確なキーワードを設定することにより、サイトへのアクセス数を増やすことができます。1つのキーワードに複数の会社が登録した場合には、掲載スペースをオークション形式で競売することになります。Yahoo!社のOverture(オーバーチュア)やGoogle社のAdWords(アドワーズ)などがあります。課金単位は広告のクリック数である場合が多く、クリック率が高い広告ほど料金が割安になったり、有利な位置に掲載されるようになっています。

ブログ
個人がインターネット上で日記をつける日記風サイトを指す言葉として「Web」と「Log」(日誌)を一語に綴った「weblog」(ウェブログ)という言葉から、現在では略して「blog」(ブログ)と呼ばれるようになった。紙の日記と異なり、その内容が広く一般に公開されており、ほかのサイトからリンクされたり論評されたりします。また、電子メールなどを通じて著者と読者がコミュニケーションをはかったり、特定のトピックスについて電子掲示板で多人数で論議することもできます。
Twitter(ツイッター)
ブログと電子メールの中間的な位置づけのコミュニケーション・ツールで、140字以内の短文のみに対応する点が特徴の一つです。 Twitterとは元来は「小鳥のさえずり」や「くすくす笑い」という意味のことばだが、日本では「つぶやき」と訳されています。ユーザーは「いまどうしてる?What's happening?」という問いかけに対してこたえる形で投稿を行います(スタート当初の「いまなにしている?What are you doing?」から変更)。その投稿をツィート(つぶやき)とよびます。他のユーザーはそれを閲覧できるだけでなく、フォローとして140字以内のコメントをつけることができ、タイムラインに追加されていきます。これを繰り返すことで、コミュニケーションをとっていくものです。2006年にアメリカでサービスを開始。2008年(平成20)から日本語版も提供されていて、即時性や日常性などから人気を博しています。

Facebook(フェイスブック)
学生向けに特化してスタートしたSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)サイト。2004年にアメリカでスタートし、2008年(平成20)には日本語版も開設されました。当初は学生のみの参加でしたが、2006年以降は一般にも開放されて、だれでも使うことができるようになっています。インターネットに接続したパソコンや携帯電話などからアクセスし、 「友達や同僚、同級生、仲間たちと交流を深めること」を目的としているのが特徴の一つ。新たな出会いを求めることもできますが、むしろ実生活で連絡を取り合ったり交流している人とのコミュニケーションに主眼が置かれています。パソコンのアドレス帳に入っているメールアドレスを使ってユーザー検索したり、同級生や同窓生、同僚を捜したり、趣味や地域でも検索できるなど、実社会のコミュニティの延長線上にあるSNSといえます。
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)

SNSとは、参加するユーザーが互いに自分の趣味、好み、友人、社会生活などのことを公開しあったりしながら、幅広いコミュニケーションを取り合うことを目的としたコミュニティ型のWebサイトのことです。 SNSで提供されている主な機能としては、自分のプロフィールやアバターなどを公開して自己紹介するためのマイページ機能、SNS上で交流のある友人・知人を登録しておけるアドレス帳の機能、マイページを訪問したユーザーの履歴を参照できる「あしあと」機能、ブログのように簡単にエントリーを更新できる日記帳の機能、同じ趣味や感性を持った人同士がコミュニティを作れる掲示板の機能、などがあります。 SNSの中には、既存の参加者から招待されると参加できるシステムを採用しているものも多い。また誰でも自由に参加できるタイプのSNSもある。 SNSは、米国では2003年頃に成立し、日本においても2004年頃には登場し始め、 mixiを筆頭にGREE、Yahoo! Daysなどがあります。


 
CMS(コンテンツマネジメントシステム)
Webサイトを構築するには、テキストや画像を作成するだけでなく、HTMLやCSSなどの言語でレイアウトや装飾を行ない、ページ間にハイパーリンクを設定するなどの作業を行なう必要があります。これらの要素を分離してデータベースに保存し、サイト構築をソフトウェアで自動的に行なうようにしたものがCMSです。CMSを導入すれば、サイト制作者はHTMLで更新作業をする必要がなくなり、ページが追加されると関連するページにリンクを追加することも自動的にできるため、煩わしい作業をしなくてもよくなります。また、サイトのデザインを「テンプレート」(ひな型)としてあらかじめいくつか用意しているものを使えば画像の作成やデザインなどを行なうことなくサイトを構築することができます。
 
オープンソース
ソフトウェアの設計図にあたるソースコードを、インターネットなどを通じて無償で公開し、誰でもそのソフトウェアの改良、再配布が行えるようにするものです。ソースコードがあれば、そのソフトウェアの類似品を作成したり、そのソフトウェアで利用されている技術を転用することが容易に可能なため、企業などでは自社の開発したソフトウェアのソースコードは極秘とし、他社に供与するときにはライセンス料を取ることが多くなっています。
 
 
※以上の内容は、日本大百科全書(ニッポニカ)、「IT用語辞典 e-Words」「Yahoo!百科事典」 から引用しています。